[ 三木市 ] 御坂サイフォン橋(眼鏡橋)の観光案内

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)

 

三木市内には、小学3年生から住んでいますが、今回、紹介する御坂サイフォン橋(眼鏡橋)には、初めて行きました。

三木市内では、観光スポットとして、有名なようです。

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)は、

イギリス陸軍少将パーマー氏の設計により志染川の清流にかかる日本で最初のサイフォン(噴水管)橋で、明治24年に完成しました。

当時としては画期的な大事業のようです。

市内のみどころ / 三木市 より

久々に、御坂サイフォン橋(眼鏡橋)から志染の石室(窟屋の金水)へと、夕方、歩きましたが、志染の石室(窟屋の金水)は、先日の台風で、入り口が、通行止めとなっており、脇から、少し入りましたが、土砂が崩れており、それ以上、進めませんでした。

同じ時刻に、60代くらいの方もいました。

御坂サイフォン橋(眼鏡橋):案内図

 

 

所在地: 〒673-0516
兵庫県三木市志染町御坂

通称: 「眼鏡橋」

アクセス: 神姫バス「御坂」バス停より徒歩すぐ

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)

志染川は、よく通るのですが、この辺りは、あまり通らず、通過するだけですが、

散策していると、高校時代の夕方の通学の風景を、思い出しました。

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)

橋の上も、向こうまで歩いてみました。

橋としては、それ程、長い橋ではありませんでした。

御坂サイフォン橋(眼鏡橋)

通称、眼鏡橋と言われるだけあって、メガネのイメージにピッタリな橋でした。

 

こちらの観光案内用の写真は、オープンソースです。

詳しくは、こちらをどうぞ。

このサイトで使われている写真につきまして | KI-KOBE Days

 

市内のみどころ / 三木市 2018年 御坂サイフォン橋へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー